2010年08月15日

ボストン美術館 浮世絵名品展

【神戸市立博物館】

錦絵の黄金時代といわれている、江戸時代に活躍した3人の絵師。

◆鳥居清長(とりいきよなが):健康的な女性美を表現
◆喜多川歌麿(きたがわうたまろ):美人画の一時代を築いた
◆東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく):個性的な役者絵を描いた

3人の絵師を中心に同時代の浮世絵の名品約140点が紹介されています。

ボストン美術館は世界各地の文化圏の美術を網羅した総合美術館であり、国外では世界一の質と量を誇るといわれています。今回は、同美術館の日本美術のコレクションであり、ほとんどが日本初公開となる秘蔵の名品である浮世絵は、保存状態もよく、今もなお鮮やかな色彩を残しているそうです。

また、ボストン美術館の文化財保護のための厳格な規定により、今回の出品作品は地元ボストンでも今後5年以上展観されることがないそうです。


【期間】2010年8月14日(土)〜9月26日(日)

【開館時間】9時30分〜17時(入館は16時30分)  ※金・土曜は19時(入館は18時30分)まで

【休館日】月曜日(9月20日は開館)

【入館料】一般:1400円   高校・大学生:1000円  小・中学生:600円

【問い合わせ先】神戸市立博物館 078−391−0035
















posted by 気ままに at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸 美術館・博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

ダイニング木下

阪急岡本駅またはJR攝津本山駅を降りて徒歩5分ぐらいのところに「ダイニング木下」があります。

このあたりは近くに甲南大学があるので、おしゃれなカフェや雑貨屋、路地裏を歩くと昔ながらのパン屋さんなどがあり、散歩が楽しめる街です。

この街の通りの一角にある、「ダイニング木下」は朝仕入れた魚をおいしくいただけるお店で、料理に合わせ日本酒、焼酎の銘柄がずらりとそろってます。「本日のおすすめ料理」のほうが固定メニューより品数が多いです。
魚料理以外にも、肉、野菜料理も十分ありました。
どの料理をみても、彩りがとてもきれいで見て楽しんで、食べたらおいしくてどれも満足する味でした。

席はカウンター、テーブルと奥に個室があったように思います。宴会にも対応できそうでした。木がメインの落ち着いたお店で、この日は女性客が大半で満席に近い状態でしたので予約がベストだと思います。




IMG_2158.JPG



IMG_2160.JPG



【住所】神戸市東灘区岡本1丁目6−14

【電話】078−435−5191

【営業時間】17時〜深夜0時(日曜・祝日は23時まで)

【定休日】火曜日




ラベル:木下
posted by 気ままに at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸 食事【東灘区】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。